はまっこの活動
子どもたちの活動の様子です。
どうぞご覧ください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
修了式
2016/03/24

平成27年度の修了式が行われ、校長先生から児童に修了証が手渡されました。
がんばったことの発表では、各学年代表児童が自分の成長と次年度の目当てを堂々と発表しました。
校長先生の話でも、各学年の一年の成長について声をかけてもらい、子供たちはとてもうれしそうな表情をしていました。
仲間と過ごした一年間を振り返り、次の学年への期待をもつことができる修了式となりました。

卒業式
2016/03/17

うららかな春の陽気の中、卒業式が行われました。
堂々と胸を張る卒業生の姿は、小学校でお世話になった人達への感謝と中学校への希望にあふれていました。
卒業生は在校生に、明るい挨拶、丁寧な掃除、さわやかな歌声が響く新湊小学校を受け継ぎ、さらに発展させてほしいと伝えました。
式の最後には、管楽器クラブの演奏にのって、全校で歌う最後の校歌が式場いっぱいに響き渡り、すばらしい門出になりました。

大縄8の字チャレンジ大会
2016/02/05

子供たちが体育の時間や朝運動、休み時間に練習を重ねてきた8の字チャレンジ大会が行われました。
1分間という短い時間の勝負であり、体育館は緊張感に包まれました。
学年ごとに色団に分かれ、チームの仲間と心を一つにして精一杯の力を出し切り、接戦を繰り広げました。
目標を達成できた子供もいれば、くやしい思いをした子供もいたと思いますが、それぞれに学ぶことの多い大会をなりました。

「はまっ子 ありがとう給食集会」
2016/01/20

給食委員会が企画・運営し、クイズを通して給食の歴史を学んだり、栄養職員の方の話を聞いたりして給食について考える集会を行いました。
普段いただいている給食が、どのようにして始まったのか、どのようにして作られているのか考えることができ、子供たちは給食のありがたさを改めて感じ取っていたようです。
給食に関わっておられる方たちや、食べ物の命に感謝して食事をいただく姿勢を身に付けていってほしいと思います。

不審者対応避難訓練
2016/01/14

不審者が校内に侵入したことを想定し、避難訓練が行われました。
子供たちは、放送や先生の指示をよく聞き、どう行動すればよいか考え、真剣に訓練に参加することができました。
訓練後は、体育館で射水警察署の方のお話を聞き、不審者に遭遇したときの対処について、実演を通して学ぶことができました。
このような訓練を通して「自分の命は自分で守る」という意識を高めていってほしいと思います。

始業式・書初大会
2016/01/08

新年を迎え、子供たちは気持ちも新たに登校してきました。
始業式では、校長先生から「続」という漢字が提示され、学習や運動はもちろん、やさしい言葉遣いや望ましい生活習慣についても、続けていくことの大切さを考えました。
また、友達の3学期の目当ての発表を聞き、新学期への意欲を高めていたようです。
続いて行われた書初大会では、どの子も集中して、練習の成果を発揮し、のびのびと作品を仕上げていました。
子供たちの「がんばろう」という気持ちを生かし、自分の成長を感じられる毎日にしていきたいと思います。

心あったか集会
2015/12/16

人権週間に合わせて、企画委員会とボランティア委員会が中心となり、「心あったか集会」が開かれました。
企画委員会は、学校生活の様々な場面での友達との関わり方について、どのような言動をすればよいかを寸劇やクイズで問いかけました。
ボランティア委員会は、全校で取り組んでいる「やさはま(「やさ」しい「はま」っこ)の木」(友達へのあったかメッセージ)を紹介しました。
また、各学級で話し合った「学級のいじめゼロ宣言」をステージで発表しました。
人の気持ちを思いやることの大切さを実感し、いじめのない学級・学校をつくろうと心を一つにする集会となりました。

かまぼこ工場見学(3年生)
2015/11/17

3年生は社会科の学習で「新湊かまぼこ」へ見学に行きました。
工場や売り場を見学した後、ビデオでかまぼこの作り方を学びました。
見学後には、工場の方に意欲的に質問をする姿が見られました。
この見学を通して、地域の仕事の特色や他地域のとのつながりについて学ぶことができました。
これからも、自分たちの地域に関心をもち、進んで学んでいってほしいと思います。

はまっこ持久走大会
2015/11/6

さわやかな秋晴れの下、「はまっこ持久走大会」が行われました。
開会式で校長先生から「自分にチャレンジしよう」と激励を受けた子供たちは、緊張感とやる気いっぱいでスタートラインに立ちました。
どの学年も精一杯の走りに好タイムが次々と出ました。
全力を出し切った子供たちの顔は達成感でいっぱいでした。
また、次の目標に向かってチャレンジしてほしいと思います。

サッカー教室
2015/10/31

「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾」の一環としてカターレ富山の大山選手、江角選手を招き、サッカー教室を開催しました。
プロの選手のシュートやキーパースローを見た子供たちからは、「わーっ!」と歓声が上がっていました。
ミニゲームでは、プロの選手に負けじと子供たちも真剣にボールを追っていました。
この教室を通して感じたスポーツの楽しさや、プロ選手への憧れの気持ちを大切にしてほしいと想います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -