はまっこの活動
子どもたちの活動の様子です。
どうぞご覧ください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
卒業式
2015/03/18

春を感じさせる陽光のもと、卒業式が行われました。
59名の卒業生は、晴れやかな顔で卒業証書を受け取り、校長先生の言葉を真剣なまなざしで受け止めていました。
在校生がこれまでの感謝の気持ちを込めてよびかけを行うと、多くの卒業生がこらえきれずに涙を流していました。
最後の歌では、気持ちのこもった美しいハーモニーが体育館中に響き渡り、感動が広がりました。
たくさんの思い出と、たくさんの人への感謝を胸に、中学校でさらに羽ばたいていってほしいと思います。

卒業を祝う会
2015/03/03

卒業まであと10日あまりとなり、5年生を中心に1〜5年生が「卒業を祝う会」を開き、6年生に感謝の気持ちを伝えました。
心のこもった歌のプレゼントや懐かしい写真紹介、楽しいコントなど笑顔と感動にあふれた集会となりました。
うれしそうな6年生と張り切って活動する5年生の姿が印象的でした。
団活動や委員会活動、さくら清掃班の引き継ぎも行われました。
次年度に向けて歩き始めた子供たちをこれからも励ましていきたいと思います。

曳山囃子交流会
2015/02/17

放生津小学校「まっつんクラブ」と新湊小学校「曳山囃子クラブ」が演奏を通して交流を深める『曳山囃子交流会』が開催されました。
両校ともこの日を楽しみにして練習を積み重ねてきました。
互いの演奏を聴き合ったり合同で演奏したりして、曳山囃子のすばらしさを再認識することができました。
特に、合同演奏「宮づくし」では、会場の手拍子やかけ声もあり、とても盛り上がりました。
地域の伝統を受け継ぐ子供たちの姿がとても頼もしく感じられました。

8の字チャレンジ大会
2015/02/10

2学期末から体育や朝運動で練習してきた8の字跳び大会が開催されました。
学年の色団ごとに1分間の8の字跳びに挑戦しました。
一発勝負とあって、どの子供たちも必死です。
学年最高記録賞や総合優勝を目指し、応援にも力が入ります。
結果は、最高記録を出して歓声を上げる色団、練習の成果を出しきれなかった色団など悲喜こもごもでしたが、全員が「やりきったと」いう思いをもつことができました。
今後、さらに新しい目標に向かってチャレンジしていくよう、声をかけていきたいと思います。

学習参観
2015/01/23

今年度最後の学習参観は、「いのち」をテーマに各学級で授業を公開しました。
「いのち」について考えを深める道徳の授業や、自分の成長を振り返り家族への感謝を新たにする「二分の一成人式」など、各学年に応じた内容で行いました。
参観してくださった家族と共に「いのち」について考えることができるよい機会になったと思います。
ここで感じたことを生かし、子供たちがさらに「いのち」を輝かせていくことができるよう努めていきます。

スキー学習(5・6年)
2015/01/20

牛岳温泉スキー場で、5・6年生がスキー学習を行いました。
天候に恵まれ、雪質もよく、絶好のスキー日和でした。
インストラクターの方の楽しく分かりやすい指導を受け、初級・中級・上級のどの班の子供たちもスキーの技術を向上させることができました。
子供たちは、友達と声をかけ合い、励まし合いながら真剣に練習し、あきらめずに取り組むことの大切さ、助け合える友情の大切さを学ぶことができました。

不審者対応避難訓練
2015/01/14

射水警察署の協力を得て、学校に不審者が侵入した場合を想定した避難訓練を行いました。
子供たちは、放送を静かに聞き、指示に従い迅速に行動することができました。
訓練終了後には、警察署の方から自分の身を守る行動について、「いか」「の」「お」「す」「し」の合い言葉を確認しながら教えていただきました。
この訓練を生かし、子供たちが「自分の命は自分で守る」力を高めることができるように、また、学校側もよりいっそう安心・安全な学校となるように、
日頃から取り組んでいきたいと思います。

始業式・書初大会
2015/01/09

新年を迎え、子供たちは、気持ちも新たに目を輝かせて登校してきました。
始業式では、背筋をピンと伸ばして校長先生のお話や友達の目当ての発表を聞き、新学期への意欲を高めていたようです。
続いて行われた書初大会では、練習の成果を発揮しようと、どの子供も集中して真剣に取り組みました。
子供たちが「がんばろう」という気持ちをもち続け、目当てに向かって努力をし、達成感を感じることのできるような毎日にしていきたいと思います。

防災講演会
2014/12/17

シンセサイザー奏者の滝沢卓さんをお迎えし、防災講演会を開催しました。
滝沢さんは、東日本大震災後、音楽を通して被災地支援を続けておられます。
講演会では、現地の写真をスクリーンに映しながら、災害の怖さや助け合いながら前を見ておられる被災者のみなさんの様子を伝えてくださいました。
子供たちは真剣に話を聞き、「自分にできることは何か」を考えていました。
最後に、滝沢さんが作曲された「TAKATA MIRAI」の歌を全校児童で心を込めて歌い、被災地のことを思い続けることの大切さを感じていました。

心あったか・なかよし集会
2014/11/25

人権週間に合わせ、「心あったか・なかよし集会」を行いました。
図書委員会、保健委員会、企画委員会がそれぞれ群読や寸劇の発表をし、「友達と良好な関係を築き、いじめのない学校にしていくためにはどうしたらよいか」について話題を投げかけました。
また、「心あったか なかよし言葉リレー」では、縦割り清掃班で輪になり、隣の友達のよいところを伝えてリレーをしていくことで、自他のよさを感じることができました。
この集会を通して、自分と人との関わり方を見つめ直すことができました。
よりよい人間関係づくりに生かしていってほしいと思います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -