ガイドライン

「射水市教育ネットワーク運用管理規定」及び「射水市教育ネットワーク利用ガイドライン」に基づき、以下のインターネットの利用に関するガイドラインを設けて本校のネットワーク運営を行うものとする。

PDF版はこちらをクリック

インターネット利用に関するガイドライン

射水市立新湊小学校

(ガイドラインの目的)

1 このガイドラインは、射水市立新湊小学校におけるインターネット利用上の個人情報の受信、発信に関し、児童、教職員及び保護者の個人情報を保護する観点から必要な事項を定めると共に、各関係者にインターネット利用上遵守すべき事項等を周知・徹底するためのものとする。

(インターネット利用の主な目的)

2 インターネットを利用する主な目的は、以下の各項の通りである。

(1) 情報の受信、発信等を経験させることにより、児童の情報活用能力の育成を図る。

(2) ホームページ、電子メール等の利用により、国内外の学校等との交流を図る。

(3) 学習に利用する教材の制作を行うための情報を検索、収集する。

(4) ここに挙げた内容以外については、インターネット利用委員会で協議の上利用する。

(インターネット利用委員会の設置)

3 適正なインターネットの利用・運営・管理を行うため、校長をインターネット接続に関する管理責任者とし、その下にインターネット利用委員会を組織する。

(安全性の確保)

4 インターネット上の安全を確保するため、インターネット利用委員会は、以下の例のような対策を講じる。

(1) ホームページ公開等についての審査

(2) パスワードやIDの管理

(3) 事故発生時の対応

(4) 状況の把握

(5) 機密情報の保護

(6) コンピュータウィルス等への対応

(7) その他必要な事項

(モラルの遵守)

5 インターネット上のホームページ、電子メール等を用いて情報発信、交流等を行う場合、他人を中傷したり、使用者本人及び他人の個人情報を不用意に漏洩したりすることがないよう、責任ある発言を行うよう留意する。また、インターネット上の資源は公共物であるということを踏まえた行動をするよう心がける。

(著作権等の保護)

6 インターネット上のホームページ電子メール等を用いて情報発信交流等を行う場合、著作権、肖像権等、法律に定められた権利を侵すことがないよう留意する。

(情報の受信)

7 インターネット上のホームページ等には、著しく内容が偏ったもの、内容が信頼できないもの、児童による閲覧が好ましくないもの等が存在することに留意した上で情報を受信する。

(情報の発信)

8 教育上必要とされる範囲で、インターネット上のホームページ、電子メール等を用いた情報発信ができるものとする。ただし、ホームページの公開に関しては、市が定めたサーバーでのみ行うことができるものとする。

(個人情報の保護)

9 インターネットを用いた情報の受信、発信をする場合、児童、教職員及び保護者の個人情報を保護しなければならない。また、児童、教職員及び保護者に対して、インターネットを用いた情報の受信、発信の持つ意義及び危険性について知らせなければならない。

10 児童、教職員及び保護者個人情報とは、個人が特定できる情報及びプライバシーに関する情報の範囲に含まれるものとする。

11 インターネット上のホームページ等を用いた児童、教職員及び保護者の個人情報の発信は、以下の各項に例示したような取り扱いを行うものとする。また、本人及び保護者から発信内容の訂正、削除を求められた場合、速やかにその発信内容を訂正、削除する。

(1) 氏名

原則的に姓のみ、名のみで表記するか、イニシャルを用いて表記する。また、電子メールへの署名は、送付先が確定し安全性が確保できる場合に限り、氏名での表記を行う。ただし、教育上特に必要とされる場合は保護者等と協議の上、上記以外の表記をすることができるものとする。

(2) 児童写真

個人が特定できないよう配慮する。(学級の集合写真や校外学習、クラス紹介、行事、委員会活動、クラブ活動など)

(3) 意見・主張等

誹謗、中傷等の対象となり、不利益を被ることがないよう配慮する。

(4) 作品等

教育活動を通して制作されたもの、各種展覧会、コンクール、出版物への掲載等に出品したもののみとする。

(5) 個人が特定可能な情報

児童、教職員及び保護者の住所、電話番号、身体的特徴、信条、家庭環境等、個人が特定可能な情報及び社会的差別の原因となるような情報については発信を認めない。

(6) その他

学校において、個人情報保護の観点及び教育的配慮の観点から考慮し、関係者と協議の上で決定する。

(情報発信の手続き)

12 制作されたホームページを発信する場合、インターネット利用委員会が内容を確認、検討し、校長の許可を得た上で公開を行う。特に児童が制作したホームページを公開する場合については、児童生徒の発達的特性を考慮し、モラル面、法律面等について教職員が指導を行うと共に、内容を精査し、必要に応じて改変をした後に公開を行う。

13 児童がインターネットを利用した電子メールや掲示板等を利用する場合、送信先に注意を払うと共に、相手の人権を傷つけたり、モラルを無視したり、法律に違反したりすることのないよう教職員の指導のもとで行う。

(発信した情報の管理)

14 ホームページにより発信した情報は、インターネット利用委員会が定期的に監査を行い、第三者による書き換え等が生じないよう厳密に管理する。また、発信の目的が達成された場合、速やかに削除等の処置を行う。

(私的ホームページへの情報の流用禁止)

15 児童、教職員及び保護者が個人または組織として私的なホームページを公開しようとする場合、各学校内で得た情報等を記載してはならない。また、公的なホームページと誤解されるおそれのあるような表現を使用してはならない。


付則

1 このガイドラインは、平成17年1月1日より適用するものとする。